50 fun facts about actor Robert Downey Jr. 41~50

4/4はRDJの50回目の誕生日ということで、こちらの50 fun facts about actor Robert Downey Jr.(RDJに関する50のこと)の和訳+αです。

41~50までです。


41.His love for his mother, who passed away in 2014, was immeasurable, telling The Telegraph, “My ambition, tenacity, loyalty, moods, grandiosity, occasional passive aggression and faith, that’s all her.

2014年に他界した母親への愛は計り知れない。Telegraph誌にロバートは「僕の野心、粘り強さ、忠誠心、“むら気”、壮大さ、時に受動攻撃的なところ、そして信念…、すべて、彼女から受け継いだものだ」と語っています。
補足:2014年9月22日、RDJの母エルシー・アン・ダウニーが他界。
9月27日にロバートはFacebook上で母親への追悼コメントを発表しました。
10494467_347423652092773_4891779094179699976_o

As promotion for “The Judge” kicks off this weekend, I feel the need to run the risk of over sharing…..

My mom passed away early this week….I wanna say something about her life, and a generic “obit” won’t suffice…

Elsie Ann Ford was born outside Pittsburgh in April of 1934, daughter of an engineer who worked on the Panama Canal, and mother who ran a jewelry shop in Huntingdon, where they settled….a bona fide “Daughter Of The American Revolution.”

In the mid ’50s, she dropped out of college and headed to NY, with dreams of becoming a comedienne. In ’62, she met my dad, (who proposed at a Yankees/Orioles game). They married, had my sister Allyson in ’63 and me in ’65…

There was another “revolution” of sorts going on at that time, of underground counter-culture film and theatre…and with her as Bob Sr’s muse, they jumped in wholeheartedly…

“Chafed Elbows” (a man marries his mother and goes on welfare), “Greaser’s Palace” (a woman relentlessly persecuted by God who never utters a word), and “Moment To Moment” AKA “Two Tons Of Turquoise To Taos Tonight” (in which she played 17 characters) were the stand outs.

By the mid ’70s, the downside of drug culture caught up with many artists. She was an alcoholic…

As the marriage suffered, she continued to work, but not for long. A recurring role on “Mary Hartman, Mary Hartman” (’76-’77) was her last paying job…not that she cared, she’d have done it for free.

I remember living with her and her boyfriend Jonas, (who became a second father to me) in a 2 room 5 story walk up in Manhattan after that…Bunsen burner for a stove, cockroaches, broken dreams…

By 1990, she’d had enough, went to treatment, got sober. Just in time to enjoy several decades of heart disease, bypasses, you name it….

While I strived to have the kind of success that eluded her, my own addiction repeatedly forbade it.

In the summer of 2004, I was in bad shape. She called me out of the blue, and I admitted everything. I don’t remember what she said, but I haven’t drank or used since.

Eventually, when finances allowed, we were able to move her out to LA. She had a special affinity for my firstborn son Indio, and really got a kick out of Exton. Got an iPad, pictures, videos, the whole 9….

Her doctors basically titled her a “Medical Incredible,” said there was little they could do, and were frankly amazed she was up and walking….

Many fond memories of her in the last few years…holidays, kid-stuff, her strutting around with a walking stick. I knew it was difficult, and understood as the visits got shorter.

In March, she suffered another cardiac arrest and was put on life support.

Her wishes were to be left to die if there wasn’t a reasonable chance of recovery, which for some time there was.

I returned from filming the “Avengers” sequel in June, went straight to see her.

To my amazement, she was completely lucid, interactive, mugging + pulling faces.

We couldn’t speak ‘cause she had a tracheal tube. I wondered if she might just beat the odds once more.

Another set of seizures answered that, and we brought her home for hospice.

She died @ 11 p.m., September 22nd, survived by her extremely loving and tolerant partner of 37 years, Jonas Kerr.

She was my role model as an actor, and as a woman who got sober and stayed that way.

She was also reclusive, self-deprecating, a stoic Scotch-German rural Pennsylvanian, a ball buster, stubborn, and happy to hold a grudge.

My ambition, tenacity, loyalty, “moods,” grandiosity, occasional passive aggression, and my faith….

That’s all her…and I wouldn’t have it any other way.

If anyone out there has a mother, and she’s not perfect, please call her and say you love her anyway…

Elsie Ann Downey. 1934-2014

14年6月、アベンジャーズ2の撮影をしていましたが、先に撮影終了となったのは、母親の看病をするためだったようです。(当時すでに延命治療中で、撮影終了後に病院へ駆けつけた時には、喋ることができなかったそうです)

ロバート・ダウニー・Jr.、母親が死去 フェイスブックで母への思いを明かす

ロバートは現地時間9月27日、プライベートを共有しすぎる可能性を承知の上で、ありふれた弔辞では十分でないと、亡くなった母エルシーについて語り、彼女からの1本の電話が薬物の問題から抜け出すきっかけになったことを明かした。
「彼女が得られなかった成功を僕自身が得ようと必死になりながら、薬への依存のせいで幾度となく失敗した」とロバート。「2004年の夏、僕は散々な状態だった。彼女が不意に電話してきて、僕は全てを認めた。彼女が何を言ったかは覚えていないが、それ以来、僕は酒をやめ、薬にも手を出していない」と綴っている。

コメディエンヌになるため、大学を中退してニューヨークに移り住んだというロバートの母エルシー。1962年にロバートの父親ロバート・ダウニーと出会い、結婚し、女優として仕事を始めるが、1970年代のドラッグ文化に染まり、アルコール依存症に陥ったという。その後、ロバートの父との結婚は破たんしたが、新しい人生の伴侶ジョナスと出会い、治療を受けて1990年頃に依存症を克服したそうだ。

エルシーとジョナスをロサンゼルスに呼び寄せたロバートだが、エルシーは心臓発作を何度か経験し、今年3月に再び心停止を起こして倒れ、病院で延命治療を受けたという。エルシーは9月22日(現地時間)23時に息を引き取ったそうだが、「彼女は俳優として、そして依存症を克服し、その状態を維持した女性として、僕のロールモデルだった」とロバート。

「僕の野心、粘り強さ、忠誠心、“むら気”、壮大さ、時に受動攻撃的なところ、そして信念…、すべて、彼女から受け継いだものだ…。そのままでいい」。

「母親のいる人は自分の母親が完璧な人でなくても、電話してあげて。そしてそれでも愛していると伝えてほしい…」と締めくくっている。

42.His nickname is Bob.

ロバートのニックネームは『ボブ』。
補足:デビュー作の”Pound”はBob Downey名義で出演

43.His performance in 1992’s Chaplin received the royal stamp of approval from Queen Elizabeth herself, who attended the London premiere in Leicester Square.

1992年の「チャーリー」での演技で、ロバートはレスタースクエアーでのロンドンプレミアにて、エリザベス女王から王室承認のroyal stampを受理した。
補足:エリザベス女王と握手をするRDJ
tumblr_lkf6olDIq31qajc4eo1_1280

「チャーリー」でロバートは、英国アカデミー賞 主演男優賞 受賞、ロンドン映画批評家協会賞 男優賞受賞、アカデミー主演男優賞 ノミネート、ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート。

44.He might play a super hero on screen, but Robert recalls the moment he realized that he isn’t invincible, telling Deadline, “I was doing a wire jump [on the set of Iron Man 3 ] and I got to the top of the stairs and I tripped, and banged my ankle. Susan came around the corner, she goes, “All right. Are you finally going to accept the fact that you’re injured and that you’re not a kid. Just look at you on the floor there. Look at you!”

ロバートはスクリーン上ではスーパーヒーローかもしれないが、自分が無敵ではないと気付いた時の事をDeadlineのインタビューで話している。「僕は(アイアンマン3のセットで)ワイヤージャンプをしたんだ。そして階段の上に降りて躓き、足首を打ったんだ。スーザンが隅からやって来て、言った。「いいわ。あなたは怪我してるということを受け止めて。子供じゃないんだから。ちょっとそこの床で自分で見て。自分を見て」って。
補足:怪我をしたのは、A.I.M.とのバトルシーン。ペッパーを救出に行くのに、次から次へと飛び移っているシーン。Bru-layの音声解説で、どのシーンで負傷したのか聞けます。
負傷したのは8月15日で製作が一時中断されましたが、8月24日に撮影はロバート抜きで再開。ロバートが撮影に復帰したのは、10月1日のフロリダ州での撮影から。ロバートが離脱したいる間も撮影は続いていたため、一部シーン(マンダリン邸でマーク42のパーツが一つずつ飛んでくるシーンなど)は、ロバートのスタントダブルが演じ、後に顔だけロバートに差し替えられています。

撮影現場復帰前日の9月30日には、家族でくつろぐ姿も。(足首にはサポーターを巻いています)
Robert-Downey-Jrs-Baby-Exton-Pictures

10月1日、撮影に復帰したロバート
Robert+Downey+Jr+Films+Iron+Man+3+aTYAgMzwe1El

45.Robert recently raffled off a chance to spend the day with him in support of a charity close to his heart, the children’s hospice Julia’s House.

ロバートは最近、チャリティ活動に力を注いている。ジュリアの家という子供のためのホスピス。
補足:アベンジャーズAoUのLAプレミア、ロンドンプレミア招待などが当たるというこのチャリティ募金、4月6日に終了し、目標金額である200万ドルを超え、最終的には205万ドル近く集まりました。

46.In October 2011, Robert’s friends, including Jennifer Aniston, Jodie Foster, Mel Gibson and Michael Douglas, paid tribute to the actor during a ceremony celebrating his American Cinematheque award.

2011年10月、ロバートはジェニファー・アニンストンやジョディ・フォスター、メル・ギブソン、マイケル・ダグラスら友人からアメリカン・シネマティック・アワードを受け取った。
補足:アメリカン・シネマティック・アワードは、映画業界において俳優業に従事し、映画に多大なる貢献をした優れた俳優に贈られる賞。
ロバートはプレゼンターにメル・ギブソンを指名。当時メルは色々あって業界から干されていましたが、ロバートはスピーチの中で「皆さんもご存知のように私は1980年代、ドラッグやアルコール依存症で苦しんでいました。1990年代に誰にも見向きもされなかった時、僕に唯一、そして最初に仕事をくれたのがメルだったんです『エア★アメリカ』)。『自分に責任を持てるのであれば』という条件付きで彼が僕をキャスティングしてくれなかったら、今の僕はいないでしょう。(略)彼は温かい心を持ったとても良い人です。誰だって間違いを犯すことはあるでしょう。そうだとしたら彼を許してあげてください。そして彼に仕事をさせてあげてください」と、メル救済を呼びかけた。
107912_400107913_400

47.During a sit down on Late Night with Seth Myers, Robert reveled that he loves attending comic conventions, saying, “I feel like I’m the mayor of Comic-Con. My normal life seems incredibly dull and passive. But when I’m at Comic-Con, I’m a deity.”

「レイト・ナイト ウィズ・セス・メイヤーズ」でセス・メイヤーズとのトークで、ロバートはコミコンで参加するのが大好きだと発言。「僕はコミコンの市長みたいだよ。僕の日常生活は信じられないくらい鈍くて消極的なんだ。でもコミコンに行くと、僕は神様なんだ」
補足:2014年10月、”The Judge”のプロモーションで出演時に。

では、歴代のコミコン登場シーンを…。

2007年 アイアンマン1

2009年 アイアンマン2


2009年 シャーロック・ホームズ




2010年 アベンジャーズのパネルディスカッション。

2012年 アイアンマン3のパネルディスカッションにて。踊りながら登場

2014年 アベンジャーズAoUのパネルディスカッションにて。バラを投げる

48.His acting legacy was memorialized in 2009 during a Hand and Foot Ceremony outside LA’s famed TCL Chinese Theatre.

ロバートの演技の遺産は、2009年にTCLチャイニーズシアター前に手形を足型を刻んだ。
補足:2009年12月7日にセレモニーが行われました。

49.Iron Man director Jon Favreau cast Robert in his 2014 film Chef and said that his pal’s only flaw is, “he can’t cook.”

アイアンマンの監督であるジョン・ファヴロウは、2014年にロバートを自身の監督主演映画「シェフ」に出演させました。が、ファヴロウ曰く、ロバートの唯一の欠点は「彼は料理ができない」。
補足:
MTVのインタビューでファヴロウ監督が“Downey’s not a cook,” Favreau told MTV News. “He’s a singer, he’s a writer, he’s an artist, so he’s definitely a jack of all trades.”(ダウニーは料理ができないんだ。彼は歌手で、執筆家で芸術家だ。彼は明らかに何でも屋だ)と話しています。
→こちらの記事内にそのインタビューがあります。‘Chef’ Director Jon Favreau Reveals Robert Downey, Jr.’s Only Flaw

SXSWでの”Chef”のポスターのデザインはロバートがしています。

50.The people love him! He has taken home three People’s Choice Awards – all for his work as Tony Stark aka Iron Man.

みんなロバートが大好き!彼はPeople’s Choice Awardsを3回受賞している。どれもアイアンマンでのトニー・スターク役で受賞。
補足:People’s Choice Awardsには
2009年 アイアンマンにてFavorite Superhero、Favorite Male Actor Star、Favorite Male Movie Starでノミネート
2011年 アイアンマン2にてドン・チードルとFavorite On-Screen Team、Favorite Male Actor Star、Favorite Male Movie Starでノミネート
2013年 アベンジャーズでFavorite Action Movie Starにノミネート、Favorite Movie Actor、Favorite Movie Superhero受賞
2014年 アイアンマン3でFavorite Action Movie Actor受賞
2015年 The JudgeでFavorite Movie Actor受賞

2013年

2014年

2015年

IRON MAN 3


ふみ

About

View all posts by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です