14/6/26付け掲載の最新インタビュー

14/6/26に掲載されたRDJの最新インタビュー和訳です。
取り急ぎ和訳しましたので、所々おかしなところがありますが、お許しください…。

Downey Jr.: I can be rebellious without being excessive

image_galleryuuid511f0252-e778-4110-a186-871a9ebc58a2groupId10139t1403789261999

EN Interview 1 – Robert Downey Jr. is one of the most extraordinary men in Hollywood whose own story could well be the subject of a biopic. A decade ago, after falling in love with Susan Levin, the film producer who would later become his wife, he resurrected his career from the wasteland of drug addiction and has since become one of the most successful actors in the world. As the face of the billion-dollar Iron Man film franchise and its Avengers spin-off, the charismatic actor is living proof of the power of the Zen-like positive thinking that is the core of his spiritual renewal.

RDJはハリウッドにおいて自身の物語が伝記映画の題材になり得そうなとっぴな俳優の一人だ。10年前、後に彼の妻となる映画プロデューサーであるスーザン・レヴィンと恋に落ちた後、彼は薬物中毒という荒廃からキャリアを復活させ、それ以来世界で最も成功した俳優となった。ドル箱映画のアイアンマンとアベンジャーズというスピンオフの顔として、カリスマ的な俳優は彼の精神的な公正である禅的で前向きに考える力のよい見本となっている。

Downey’s leap into the action film/blockbuster film career grew out of his becoming tired of playing in critically-acclaimed films that “no one ever saw.” Fate then intervened when he was given the chance to star in Iron Man, which earned a half-billion dollars in 2008 and gave him the bankability and prestige of his very own film franchise. Then came the Sherlock Holmes films which gave the quixotic actor yet another studio tentpole on which to hang his hat. And finally The Avengers, which earned him a cool $50 million.

アクション映画/超大作映画のキャリアへのダウニーの挑戦は、「誰も決して見ない」と批判的にまたは称賛される映画の役に挑戦することから始まった。彼がアイアンマンで主演する機会を与えられた時、運命は起こった。そしてそれは2008年に5億ドルを稼ぎ、彼独自の映画製作権の信頼性と名声を与えた。そして非現実的な俳優に帽子を掛けるさらにもう一つの”Studio Tentpole(テントの支柱、つまり『安定した興行を見込める映画』のこと)”であるシャーロック・ホームズに近づいた。そしてついに彼に5000万ドルをもたらしたアベンジャーズに行きついた。

His new film is the indie comedy Chef, directed by and starring his close friend Jon Favreau (who also helmed the first two Iron Man films), about a chef (Favreau) who swaps a successful career in a popular LA restaurant for a job running a food-truck in Miami and in the process tries to reconnect with his estranged family.
Robert Downey Jr. and his wife Susan, 40, live in Los Angeles with their two-year-old son Exton on a sprawling estate where RDJr employs a staff that includes martial arts trainers, spiritual consultants, and a private chef. RDJr also has a son, Indio, from his first marriage to Deborah Falconer.

彼の最新作は、親しい友人であるジョン・ファヴロー(彼はアイアンマン1・2で監督を務めた)が監督主演を務めたインディー・コメディ映画の”Chef”だ。”Chef”はファヴロー演じるシェフが、別居中の家族を再生させるためにLAの人気レストランでの成功したキャリアを捨ててマイアミのフードトラックで奮闘する映画だ。
RDJと40歳になる妻のスーザンは、格闘技トレーナーと精神的なコンサルタント、プライベートシェフを含めたスタッフを雇っているLAの広大な土地で2歳になる息子エクストンと住んでいる。RDJには、前妻であるデボラ・ファルコナーとの息子であるインディオもいる。

THE INTERVIEW
Q: Robert, are you enjoying fatherhood the second time around?

RDJr: I love it. I love being with Exton and trying to communicate with him on his level. It’s not really different from how I remember being with my first son (Indio). It’s great.

Q:ロバート、二度目の父親を楽しんでる?

RDJ:大好きさ。僕はエクストンといることが大好きだし、彼のレベルで接しようとしてるんだ。長男(インディオ)の時に覚えていることと本当に違うんだ。素晴らしいよ。

Q: Has raising your young son had any effect on your work?

RDJr: I’ve slowed things down a bit but I enjoy working and I know that work is the best form of therapy for me. After years of experience, I know that my mind takes me on strange trips when I spend too much time between films. It’s always been the case that when I’m staying at home and my mind is not focused on a specific project that I get into trouble.
I love to work hard and I like to think of myself as a soldier who earned his purple heart in battle and is ready to fight again. I love being able to work with talented people and spend 16 hours on a film set and then travelling around the world to promote my films. It’s a very good life and work is the one thing I don’t fear.

Q:小さな息子さんを育てていることは、仕事に影響を与えましたか?

RDJ:少しスローダウンしたけど、僕は働くのが好きだし、仕事が僕にとって一番のセラピーだと分かっているんだ。長年の経験で、映画の間に時間がありすぎると、僕の心は奇妙な方向に向かうと分かっているんだ。家にいて特定のプロジェクトに心が集中していない場合、僕がトラブルに陥るのはいつもそうだったんだ。
僕は一生懸命働くのが好きだし、戦いでパープルハート章 (Purple Heart、アメリカ合衆国の戦傷章のこと)を得て、再び戦いの準備をする兵士だと考えるのが好きなんだ。才能ある人たちと仕事をして現場で16時間過ごして自分の映画のプロモーションで世界中を駆け巡ることが大好きなんだ。素晴らしい生活だし、仕事は僕が恐れないものの一つだよ。

Q: Do you feel everything has come together in your life now?

RDJr: What’s really fascinating to me is that when I was a messed-up guy in my twenties I could never have imagined myself as a comfortably married action movie guy in his forties raising a young son and having this very mellow life. Of course, now I’m in the process of accepting the fact that I am that guy! (Laughs) I’ve figured out that I can still be a bit rebellious and independent-minded without being excessive and still feel that I have an interesting life.

Q:あなたは今、すべてが順調だと思いますか?

RDJ:僕を本当に魅了するものは、20代の台無しだった時に、40代の自分が小さな息子を育てて非常に甘い生活を送っている快適な結婚をしているアクション映画野郎になっていると想像できなかったことだよ。(=まさか自分がそんなことになっているなんて!ということですね^^;)もちろん、今は僕はそういう男なんだと事実を受け入れてる最中だけどね!(笑)
僕はまだ少しだけ過剰なことなしで反抗的で独立した心を持っているかもしれないしと思うし、面白い生活をまだしてると感じるよ。

Q: You’ve been living healthily for over a decade. How do you keep on that path?

RDJr: You have to learn to help yourself, grow up, and assume responsibility for your life. It’s not a simple process. I’ve had a lot of psychiatrists tell me that ‘you can’t do it alone’ and so I’ve surrounded myself with good people to help me remain healthy and forward-looking. My wife Susan is the foundation of that process. Thanks to her I’ve been able to turn my life around in every sense. So this is a beautiful new chapter in my life and I’ve been able to bury most of my character defects and throw myself into a space where I take pleasure and joy in basic things.
Susan has given me a structure for living and we love each other as much as any couple can be in love. We’ve always had this feeling that this is the big relationship and marriage for the rest of our lives till death do us part. We take that responsibility seriously and I’ve become a better man because of my commitment to taking this journey together with her.

Q:10年以上健全に生活していますね。どうやって維持しているの?

RDJ:自ら努力して、成長して、生活に対する責任を負うことを学ばなければならないんだ。単純なプロセスじゃないよ。僕は多くの精神科医に「一人ではできない」と言われた。だから僕は健康で前向きなままでいられるように助けてくれる素晴らしい人を周りに置いたんだ。妻のスーザンはそのプロセスの基礎だよ。彼女のおかげで僕はあらゆる意味で人生を方向転換できたんだ。つまりこれは僕の人生の新しい章なんだ。そして僕は大部分の性格の欠陥を埋めて、基本的なことで楽しみと喜びを捕える場所に飛び込むことができたんだ。
スーザンは生活のために僕に組織を与えてくれた。そして僕たちは愛し合っているあらゆるカップルと同じようにお互いに愛し合っているんだ。お互い愛し合っているということが死が別つ時まで僕らの残りの人生において大きな関係と結婚であるといつも感じているんだ。僕たちは責任を真面目に受け止めるし、彼女と一緒に旅するという約束のおかげで僕はよりよい男性になったんだ。

Q: Was there any one turning point?

RDJr: No. It was an accumulation of things and greater awareness of myself and what I was seeing. I live by certain principles and I feel I’m in the process of building a good life with Susan and being a good father. My work helps keep my focus and I pour as much of my energy into my life as I can and it all reflects back on me and that’s my way of getting high now. I don’t need anything else.
I’ve reached a point where I know I can live this way, and I am deeply grateful for everything I have today. I was always chasing this elusive kind of joy or happiness when I was younger and I was chronically unhappy. So I learnt that real truth and happiness comes from living honourably, responsibly, constructively, and taking care of your family. I know if I follow that path I will get to where I want to be.

Q:ターニングポイントはあった?

RDJ:いや。物事の蓄積と自分自身と自分が見ていた物へのより大きな自覚だよ。僕はある原則に従って生きていて、スーザンとよい生活を築き良き父親になろうとしている過程にいると思うんだ。僕の仕事は集中を維持する助けになってるし、できるだけ生活の中にエネルギーを多く注ぐんだ。それが全て僕に戻ってきて反映されてるし、今夢中になってる方法だよ。他には何も必要としてないよ。

Q: How do you look upon the phenomenal success you’ve had in the Iron Man and Avengers films, not to mention Sherlock Holmes. Is it a form of sweet revenge against all the people who thought you were finished in Hollywood?

RDJr: No. I’ve never looked at it that way. I’m firmly convinced that first you have to believe in yourself if you want others to believe in you whether it’s the big studios or the public. With time, I’ve become more confident and sure of myself and that’s been of enormous benefit to me in every aspect of my life.

Q:シャーロック・ホームズは言うまでもないけど、アイアンマンとアベンジャーズでの驚異的な成功をどう見てますか?あなたがハリウッドで終わったと思った人々に対する甘い復讐?

RDJ:いや、僕はそういう風に思ったことはないよ。まず、それが大きなスタジオあるいは一般なものでも、あなたを信頼してほしければ信じなければならない。時間とともに、僕はもっとやる気が出て自信を持ったし、それは僕の人生のあらゆる面で非常に大きな利益になっているんだ。

Q: In the Iron Man films, Tony Stark has difficulty sleeping. Do you ever have bouts of insomnia?

RDJr: I sleep very well. When I rest my head on my pillow I feel spiritually tranquil and happy, unless my wife is angry with me, which happens very rarely.

Q:アイアンマンの中で、トニー・スタークは眠れなくなりました。あなたは不眠症の発作がある?

RDJ:僕はよく眠れるよ。枕の上に頭を置くと、僕は精神的に静かでそして幸せに感じるんだ。妻が僕に腹を立ててなければだけど。でもそんなことは非常に稀だよ。

Q: Is your Tony Stark character in Iron Man a veiled extension of yourself?

RDJr: (Laughs) A braver extension of myself. In certain situations I enjoy being able to engage in some bravado. When I first began getting into Tony Stark I imagined him as having a Howard Hughes kind of boldness and arrogance. I also saw it as an opportunity to come up with a screen persona that would be a more dashing and bolder variation on my own nature. I saw him as a man with a lot of élan! I’ve always believed that you need to be ambitious in terms of your own expectations of who your best self can be. You can will yourself into becoming the kind of person you’ve always wanted to be. You can soar higher than you imagine!

Q:アイアンマンにおけるあなたのトニー・スタークの役は、あなたのベールに覆われた部分の延長ですか?

RDJ:(笑)僕自身のより勇敢な延長だね。ある状況では、若干の虚勢に係わることができて楽しいんだ。トニー・スターク役に取り組み始めた時、僕はトニーがハワード・ヒューズのある種の大胆さと横柄さを持っていると想像したんだ。さらに僕はトニーを演じることが僕自身の自然で活発で大胆な変化になって、スクリーン上での描写を考え出す機会と思ったんだ。僕は彼はイーロン的な男だと思うよ!最高の自分が誰であり得るかという期待に関して、野心的である必要があるといつも信じていた。君たちは自分がいつもそうなりたいと思う人に、自分の意思でなることができるんだ。君たちは想像以上に上昇することができるんだよ!

Q: How close is Tony Stark to the real you?

RDJr: There’s a lot of me in him but he’s way cooler than I am. If I need to pick myself up and be a little more dashing in certain situations, I can channel Tony Stark. But I see the character as someone I was meant to play. When I was first offered the role, I had some long discussions with Stan Lee and I was 39 at the time. He told me that he had created the Iron Man comic 39 years ago. So Tony Stark and I were born at the same time. Now if that isn’t a sign of destiny…(Laughs)

Q:トニー・スタークは実際のあなたとどれくらい近い?

RDJ:多くの部分で僕に似ているけど、彼は僕よりクールだよ!もし僕が特定の状況でゆっりと立ち上がって突進する必要があったら、僕はトニー・スタークにチャンネルを合わせることができるよ。でも、僕はそのキャラクターを僕が演じる意味があると思うんだ。最初に役をオファーされた時、僕はスタン・リーと長く話し合ったんだけど、その時僕は39歳だった。彼は僕にアイアンマンのコミックを作り出したのは39年前だと言ったんだ。だからトニー・スタークと僕は同時に生まれたんだ。それが運命のサインではなかったら…(笑)

Q: Many people have compared your screen comeback as Phoenix-like?

RDJr: It’s a life comeback! But I love the metaphor of the Phoenix. I soared high when I first started making my mark as an actor and then I crashed and burned only to rise again. It’s classical. The only thing that would ruin things is if I crashed and burned again. But I’m too proud of my family and what we have together to let that happen.

Q:多くの人はあなたの復帰を不死鳥のようだと比喩しますよね?

RDJ:人生のカムバックだよ!でも不死鳥の喩えは好きだよ。初めて俳優として評価され始めた時、僕は舞い上がったし、失敗して再び上昇するために燃え上がったからね。古典的だね。事態を破滅させるただ一つのことは、僕が再び失敗して燃えたかどうかだね。でも僕はそれ起こさせるには、家族と一緒に持っているものを誇りに思いすぎているんだ(家族を誇りに思っているから、再びそんなことは起こさせないよ)。

Q: How important has the Iron Man film franchise been to you?

RDJr: There’s no denying that Iron Man has put me in a position to many other things. I originally pursued the film because I had seen Keanu Reeves and Johnny Depp succeed with their own film franchises (The Matrix and Pirates movies – ED) and I wanted my son (Indio) to see his dad in that kind of a movie. I wanted it to be the kind of movie you can take your kid to and explore the comic-book hero genre with a mix of escapism and intelligence. I’m also proud of the fact that I’m a leading man who can do major blockbusters and be that Harrison Ford kind of guy. It’s not a bad place to be.

Q:アイアンマンシリーズはあなたにとってどれくらい大切?

RDJ:アイアンマンは僕をあらゆることができる地位にしてくれたから、否定することなんてないよ。僕は元々その映画を追いかけてたんだ。だって、キアヌ・リーブスやジョニー・デップは彼らの興業権(マトリクスとパイレーツ・オブ・カリビアン)で成功しただろ。僕は息子(インディオ)にパパがそういった映画に出演しているところを見せたかったんだ。子供を連れて行って、現実逃避と知性を混ぜ合わせてコミックのヒーローのジャンルを探求したかった。メジャーな大ヒット作をリードするハリソン・フォードのような男になったという事実を誇りに思うよ。悪くないよ。

Q: You’ve been earning record salaries for your work in the Iron Man and Avengers films. Are you a tough negotiator?

RDJr: I’ve learnt a lot about the business side over the years, especially with Susan at my side. Everything changed on the Monday morning after the opening weekend for Iron Man in May, 2008. My economic and professional status underwent a complete revolution and I’ve tried to understand how that works and make sure I maintain that stature and momentum. Susan and I have now begun developing our own projects together and that has resulted in the film Judge which will be released in the Fall.

Q:アイアンマンとアベンジャーズで、記録的な給与を稼ぎましたね。あなたは手強い交渉人なの?

RDJ:僕は何年にも渡ってビジネスについて多くのことを学んだ。特に僕のサイドのスーザンとね。全ては2008年5月、アイアンマンが公開された週明けの月曜の朝から変わったんだ。僕の経済的で専門的な地位は完全に激変したんだ。僕はそれがどのように機能するか理解して水準と勢いを維持することを確認してきたんだ。スーザンと僕は今、僕たちのプロジェクトを一緒に発展させ始めてるんだ。その結果が、秋に公開予定のThe Judgeだ。

Q: You’re renown for improvising and not sticking to the script. What is behind that?

RDJr: The goal is to make a well-written scene seem like it’s improvised. Or to come up with things that you find in the room to use that you couldn’t have known until you get into the real situation. Just try to improve things as you go along. I don’t like to pretend. I try to use things in me and translate them into the situation and the character. So it always needs to run through my own veins in a way.

Q:あなたは即興(で演技すること)で有名で、脚本にこだわりません。その背景に何があるの?

RDJ:ゴールは即興のように見える、より良く書かれたシーンを作り上げることだ。あるいは、本当の状況になるまで使うだなんて知らなかった物を部屋で見つけて思いつくことだ。どんどん進んでいるうちに物事を試してみて。僕は見せかけは好きじゃないんだ。僕は自分で使ってみてから、状況やキャラクターに転換するんだ。だから、いつも僕は自分のやり方を介して実行する必要があるんだよ。

Q: Does that make it more stressful when you’re on the set and changing your dialogue as you go along?

RDJr: No. That’s where the art enters into the process. I’m really self-critical and I’ve found that I do better work when I’m able to innovate and take advantage of the kind of inspiration that comes under the intensity and beauty of the moment where you’re doing the scene and you’ve transformed into the character and are now speaking with his voice.
I’ve worked that way every since Jon Favreau and I did the first Iron Man together. The only thing that makes (improvisation) more complicated is when the script is so well-written that I have less space and reason to innovate and depart from the printed word. But I look at the script as a Chinese menu where I can pick and choose and make it the best meal possible.

Q:撮影が進んでいるうちに、現場でセリフが変わるとストレスを感じる?

RDJ:それこそが芸術がプロセスを始めるところだ。僕は本当に自己批判的でなんだ。そしてシーンを演じてキャラクターに化けてその声で話している強烈で美しい瞬間に影響を受けるというインスピレーションを取り入れて利用することが出来る時、働いた方がいいと分かったんだ。
僕はジョン・ファヴローと最初のアイアンマンの映画をやって以来、そうやって働いてきたんだ。より複雑に(即興)を作る唯一のことは、脚本が革新して印刷されている文字から離れるより少ないスペースと理由があるようにとても良く書かれている時だ。でも僕は脚本を選んで選んで最高の食事にできる中国語のメニューのように見るんだ。

Q: Jon Favreau has been a great friend as well as your director on the first two Iron Man films. Was it fun working with him on Chef?

RDJr: There is nothing I wouldn’t do for Jon. He’s a truly wonderful man and he has believed in me from the beginning. He started out as an actor and I’m happy that he’s taking centre stage in this film.

Q:ジョン・ファブローはあなたの素晴らしい友人だけではなく、アイアンマン1・2の監督です。彼とChefで働くのは楽しかった?

RDJ:ジョンのためにしないことなんてないよ。彼は本当に素晴らしい男だし、最初から僕の事を信じてくれているんだ。彼は俳優としてスタートしたから、この映画(Chef)で主役を張っていることを嬉しく思うよ。

Q: When you take stock of everything that you’ve accomplished to reach this point in your life, what are your thoughts?

RDJr: I feel blessed by God’s grace.

Q:人生でこの地点に到達するために行ったこと全てを評価するとしたら、あなたの考えは?
RDJ:神の恩寵で幸せであると思うよ。

MY LOVES
好きな物

MARTIAL ARTS
I could not have done the first Iron Man without having already mastered (Wing Chun) Kung Fu in my private life which I was doing without any thought of how it might be of use in a film.
My martial arts training helped me on Kiss Kiss Bang Bang and that was what made Jon Favreau believe I could play Iron Man, that I could do action and that I could maybe, just maybe, be a leading man in that way. Without Kung Fu I don’t know if I would have has that self possession you need to be a leading man.
Wing Chun teaches you what to concentrate on, whether you’re here or out in the world dealing with problems. It’s second nature for me now. I don’t even get to the point where there’s a problem.

映画の中で役に立つかもしれないという考えなしに私生活で行っていたカンフー(詠春拳)をマスターしていなかったらアイアンマン1をやることができなかった。僕のマーシャルアーツのトレーニングは、キス・キス・バン・バンでも役だったし、僕がアクションができる、できるかもしれない、たぶんおそらく、主演ができるとジョン・ファヴローが僕がアイアンマンを演じれると信じさせることができた。
詠春拳はここやあるいは外の世界の問題への対処でもあなたに何に専念すべきか教えてくれる。今や僕にとって第二の天性。問題があるところで、僕は要点に触れさえしない。

THERAPY
Therapy is an important part of my life. It’s help me find balance and calm and clear away the accumulated neuroses that drag you down. It cleanses your mind.

セラピー
セラピーは僕の人生において大切な部分。セラピーは薬物依存から抜け出して僕がバランスと落ち着きを見つける手助けとなった。心を浄化してくれる。

FINE CUISINE
I love eating fine food. Being able to afford your own private chef is probably one of the best perks anyone can have in life. Just imagine being able to have filet mignon or the best lasagna on earth whenever you want. I’m sorry, I won’t apologise for being able to eat like a king. (Fabled chef Ferran Adria whose elBulli restaurant was once considered the best restaurant on earth recently stated that he wasts RDJr to play him in a movie one day.)

上質な料理
僕は美味しい料理を食べるのが大好きだ。プラーベートシェフを雇うことができるということは、おそらく誰の人生においても最高の特典の一つだ。好きな時にフィレミニヨンや地球上で最高のラザニアが食べれると想像して。ゴメン、僕が王様のように食べれることは謝らないよ。(伝説的なシェフ、フェラン・アドリアのレストラン「エル・ブリ」はかつて史上最高のレストランと考えられていた。最近彼はいつか映画で自分をRDJに演じてもらいたいと語っている。)
(※補足:「エル・ブリ」は世界一予約がとれないレストランとして有名でスペインのカタルーニャ地方にある三つ星レストランでしたが、2011年に閉店しました。「エル・ブリ」に潜入した『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』というドキュメンタリー映画も2011年に公開しています。)
↓フェラン・アドリア氏
pic_large_02
『RDJに演じてもらいたい』と発言した記事はこちら→Robert Downey Jr to play Ferran Adrià in new elBulli film?

CLOTHES
I like to shake up sartorial tastes. Why wear a plain black suit all the time? I never had more fun than wearing Bavarian lederhosen while doing a press conference in Munich.

洋服
僕は服装の好みを揺るがすのが好きなんだ。どうしていつも質素な黒スーツを着るんだ?僕はミュンヘンの記者会見の間中、バイエルンレーダーホーゼンを着ていることより楽しいことはなかった。
1405821_spl525197_015
ドイツの会見はちょっとご機嫌斜めでしたもんね^_^; 次のパリからはスーザンさんとエクストン君が合流してご機嫌でしたけど(汗)

GHOSTS
Being a ghost sounds like a lot of fun… When I die I don’t want to go to heaven or hell. I want to stay on earth and haunt people. I want to be that guy who grabs your leg in the middle of the night when it dangles off the side of the bed. I want to surprise you when you’re driving alone along a dark country road and suddenly I appear in your rear-view mirror sitting in the back seat smoking a cigar.

幽霊
幽霊になることはすごく楽しそう…僕は死んだら天国にも地獄にも行きたくない。地上にいて、みんなの前に出るんだ。真夜中にベッドの淵に腰かけた人の脚を掴むようなやつになりたいんだ。真っ暗な田舎道を一人で運転している時に突然、後部座席で葉巻を吸ってバックミラーに現れて驚かせたいんだ。

THE OSCAR
Look, even if I don’t get (an Oscar) directly, eventually they’re just going to have to give me one when I get old. So no matter how you slice it, I’m getting one.

オスカー像
見て、直接(オスカー像を)もらえなくても、僕が年老いたら結局彼らは僕に1つくれなければならないだろうね。だから例えどんなにスライスしても、僕は1つもってるんだ。

MY HATES
苦手な物

THE IRON MAN SUIT
The suit suffocates you, it slows you down, but at least I had a toiled installed inside it. The last version (in Iron Man 3) was a little lighter and more flexible to wear…But there is no comfortable version, so it’s kind of like, ‘Hey, don’t you think these bamboo shoots are actually a little less rough on the cuticle until they get down to the nerve?

アイアンマンスーツ
スーツは窒息するし、動きが遅くなる。でも少なくとも僕は内部にトイレを付けてもらった。最後のバージョン(アイアンマン3)は少しだけ軽く着ても伸び縮みするようになってた…でも快適なヴァージョンはなかった。だからこれは「やぁ、君は神経を仕留めるまでたけのこが実際に表皮で少し荒れてると思わないか?」というようなもんだよ。

THE DARK KNIGHT
I didn’t get that film. I still can’t tell you what happened in the movie, what happened to the character and in the end that they need him to be a bad guy. I’m like, ‘I get it. This is so high brow and so f–king smart, I clearly need a college education to understand this movie.’ That’s not what I want to see. You know what? F–k DC comics.

ダークナイト
僕はあの映画を理解できない。映画の中で起こったこと…登場人物に何が起こって、映画の最後で彼を悪者にする必要があったのか…をまだ話せない。「分かった。これはとても小難しくてくそ頭がいい。この映画を理解するには大学での教育が必要だ」。あれは僕が見たかったものじゃない。分かる?DCコミック、くそったれ。

JAIL
I would never tell you the worst things that have happened to me.
(He was badly beaten up in L.A county jail where he was served a 180-day sentence for heroin possession in 1997)

刑務所
僕に起こった最悪なことを話すことはない。
(彼は1997年ヘロイン所持で180日間LAの州刑務所で刑期を務めたが、ここで酷く殴られた)

BURNOUT
You don’t worry about something that has already happened. You don’t need to worry about your car breaking down when you’re already on the side of the street with the hood up. Worrying is done. The hubcaps have already come off going around the corners.

燃え尽き症候群
すでに起こっていることについて心配しないで。フードを上げて通りのそばにいる時、壊れている車を心配する必要はない。心配されている。ホイールキャップはコーナーを回ってすでに外れたんだ。

RUDENESS
It’s important to be respectful and kind to others. I consider myself to be a pain-in-the-ass artist who’s self-aware enough to still be tolerable. While I have a little bit of juice, I try not to rub it in anyone’s face, because it’s just disgusting. And I use the term ‘artist’ loosely.

無礼
他人に敬意を表し親切にであることは重要だ。僕はまだ我慢できると十分自己認識してる問題を起こす達人であると自分で考えている。ほんのわずかなジュース(←ゴシップの意味だと)があるけど、本当にうんざりするから、僕はみんなの顔にこすりつけないようにしてる。そして僕は『達人』という言葉を緩く使うんだ。

ふみ

About

View all posts by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です