映画予定まとめ(2018/3/6更新)

公開待機中、製作中、製作アナウンスのあった作品、噂段階の作品についてまとめました。

撮影済み
・Avengers: Infinity War
言わずもがな、アベンジャーズシリーズ。
2018年5月4日 米公開→だったのが、RDJと公式のTwitterでのやり取りという形で、4月27日公開へ前倒し。日本は4月27日公開。

・Avengers4
2019年5月3日 米公開。

・All-Star Weekend
撮影終了。ジェイミー・フォックス監督・脚本。 2018年公開。

撮影中

・The Voyage of Doctor Dolittle 2019年4月12日 米公開
「ドリトル先生航海記」の映画化。RDJはドリトル先生役。
『ドリトル先生航海記』は、ヒュー・ロフティングによる児童文学作品。第1作目は『ドリトル先生アフリカゆき』でシリーズは全12巻+番外編2巻で、航海記は第2巻にあたります。
ユニバーサル・ピクチャーズ製作。
監督・脚本は、スティーヴン・ギャガン(『ゴールド』監督)
プロデューサーは、奥様のスーザン・ダウニー(Team Downey)、ジョー・ロスとジェフ・カーシェンバウム(『アリス・イン・ワンダーランド』『マレフィセント』)(ロス/カーシェンバウム・フィルムス)

51mRt17H0JL._SX347_BO1,204,203,200_
amazonで購入

wikiより

シリーズ作品の時代設定はおおむね1830年代後半から1840年代前半のヴィクトリア朝初期に設定されており、先生はイングランド南西部の港湾都市・ブリストルからやや離れた場所のスロップシャー州に属する田舎町・沼のほとりのパドルビー(Puddleby-on-the-Marsh)にある屋敷に住んでいるとされる。パドルビーは架空の町であるが、その風景はイングランド東部・ノーフォークの湖沼地方をモデルにしたともされている。
ドリトル家の屋敷には先生の先祖が園遊会やローンボウルズ(玉転がし)をしたという広い庭があり、たくさんの動物たちが住んでいる。先生は博物学者であり、腕の良い医師として妹のサラ(Sarah)と暮らしていたが、屋敷の動物たちが患者に迷惑をかける騒動が相次いで人間の患者は誰も寄り付かなくなってしまった。そんなある日、先生はオウムのポリネシアから「動物語」の存在を知らされ、英語を始め人間が使う複数の言語を話せるポリネシアの手ほどきを受けて、動物たちと話すことができるようになる。 動物と話せるお医者、と言う評判を聞き付けた近所の動物たちが、治療のために屋敷に押し掛けて来るようになり、先生の暮らし向きは再び良くなるが、サーカス団からワニを引き取ったことで、町の人々はペットや家畜を連れて来るのをやめてしまう。こうした有様に、ついにサラは怒りを爆発させ、兄に愛想を尽かして出て行ってしまう。
先生がこうなってしまったのは自分達のためである、と気づいた動物たちは会議をひらき、能力を出し合って、先生を手伝い始める。ベッドメイクを始めとする家事はアヒルのダブダブ、会計はフクロウのトートーが担当することになった。動物たちの楽しみは、夕食の後に暖炉の前で顔を揃えて身の上話をすることである。そして、先生が所用や航海で長く家を空けるときは動物たちも同行し、その能力を活かして先生を手助けする。

パイプ煙草を愛用し、フロックコートにシルクハット、ステッキ姿で登場する典型的な英国紳士。ダラム大学の医学博士号を取得している。性格は温和だが、いざと言う時の戦闘能力は高く、第2巻『航海記』第5部における部族戦争をはじめとして、格闘する場面がいくつかある。また水泳も得意であるなど、身体能力は高い。一方、音楽にも造詣が深く、フルートの演奏を趣味の一つとしている。
冒険家肌の博物学者であり、非常に意志が強く、辛抱強い。一度決心すると、どんな困難が降りかかってこようともけして諦めず、希望を持って頑張り通し、ついに目標を達成してしまう。相手の言葉に理がある時は、たとえ無学な子供であろうと貧者であろうと尊重し、相手が間違っていれば、国王であろうと怖気ずに進言する。その性格と生活態度から、一般人からは「紳士だけど風変わり」と評判の人物である。

なので、どちらかというと、ホームズに近い感じかと。

ちなみに、有名なエディ・マーフィー版のドリトル先生は、設定だけ借りただけであって原作とは全く別物ですので、おそらくあんな感じにはならないかと思います。

製作予定
・Sherlock Holmes 3
一応プロダクション中らしいですが、監督・主演俳優(主にRDJ)が忙しすぎて、進行してないのが現状。
脚本は練り始めているようです。チームには、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のニコール・パールマン、映画版『ベイウォッチ』のジャスティン・マレン、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のゲイリー・ウィッタ、新作『トゥームレイダー』のジェニーヴァ・ロバートソン・ドウォレット、『スノーデン』のキーラン・フィッツジェラルドらが参加。

・Untitled John Brinkley Biopic
製作はアンナプルナ・ピクチャーズ、Team Downey
RDJはスーザンさんと共に製作も手掛ける予定。
downey-brinkley (1)

ポッドキャスト番組「Reply All」で配信された「Man of the People」を映画化。
1920年代から1930年代にかけて、不正医薬品とポピュリズム、そして当時の新テクノロジーだったラジオを駆使して富と名声を築いたニセ医者ジョン・ブリンクリーの半生が描かれる。
ブリンクリーは性交不能症をはじめとしたさまざまな疾患の治療のため、ヤギの睾丸を患者に移植したことでも知られている。
映画には、彼の不正を10年にわたって暴こうとした専門誌『AMA(American Marketing Association)』の理事長モリス・フィッシュバイン医師も登場。

ちなみに、モリス・フィッシュバインは金と権力に塗れ、医療業界にとって不利益になる数々の治療法を弾圧してきたと言われています。

監督・脚本はリチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで。』)
「スキャナー・ダークリー」以来の再タッグ。

“Man of the people”はこちらで視聴できます。

噂あり(製作・出演含む)

Pinocchio
ワーナー・ブラザーズとTeam Downey製作。
「キック・アス」のジェーン・ゴールドマンが草稿を執筆、RDJが半年かけて手直しし、RDJと仲良しのポール・トーマス・アンダーソン脚本・監督と報じられたが、降板。
ロン・ハワードが監督することになったそう。

カルロ・コッローディの童話「ピノッキオの冒険」の実写映画化。RDJはピノッキオの作り主である職人ゼペット役で主演。
「ミルク」「アメリカン・ビューティー」のダン・ジンクスがプロデュース。
ハワード・スターンのラジオ番組に2015年に 出演した際、RDJはゼペットを「ダークで怖い役にしたい」と発言。

Perry Mason
製作総指揮:Team Downey(RDJ &スーザン・ダウニー)
原作はE・S・ガードナーの推理小説「ペリー・メイスン」。その後何度も映画化ドラマ化。
HBO局が再ドラマ化に向け、企画・製作総指揮のニック・ピゾラット(”True Detective”)が脚本執筆予定だったが、ロリン・ジョーンズ&ロン・フィッツジェラルドが新たに起用。RDJが過去に映画化を目指していた作品であることから(2011年に映画化の話あり、その後テレビドラマへ…)。
RDJ主演予定。

A Head Full of Ghosts 2018
Focus Featuresは、ポール・G・トレンブレイの”A Head Full Of Ghosts”の映画化を2015年に発表。
Team Downeyとダニエル・ダビッキのAllegiance Theaterが製作。
Ben CollinsとLuke Piotrowskiが脚色予定。
監督はオズ・パーキンス

images

Baghdad Country Club
Joshuah Bearman(映画「アルゴ」の原作である「The Great Escape」の原作者)の”Baghdad Country Club”の映画化。
CinemaxとTeam Downey製作のTVドラマになるそう。
脚本はDave Andron。

こちらで読めます。
(2015年)

Chasing Phil
ワーナー・ブラザーズとTeam Downey製作。
David Howardの”Chasing Phil: The World’s Greatest Con Man, Two Undercover FBI Agents, and Their Amazing Around The World Adventure”の映画化。
詐欺師とFBIの追跡劇を描く実話。RDJは詐欺師Phillip Kitzer Jr.を演じる予定。
(2015年)

Cloaked
ワーナー・ブラザーズとTeam Downey製作。
Derek Connolly(「ジュラシック・ワールド」)が脚本を担当。
RDJのアイデアに基づいており、RDJはスタジオに企画を持ち込む前に脚本家と打ち合わせたそう。
ロンドンでのアメリカの狼男を描く、超常的なホラーコメディとのこと。
(2014年)

How to Talk to Girls
製作:Team Downey(RDJ &スーザン・ダウニー) アウレック・グリーブンの「How to Talk to Girls」が原作。
監督はショーン・レヴィ(「リアル・スティール」)
2010年頃報じられていたので、企画進行していないよう。

Singularity
Team Downey製作のTVシリーズ。
RDJが脚本を手掛け、監督デビューするのでは?とのこと。 アンソニー・マイケル・ホール(「ときめきサイエンス」で共演)の出演は決まっているよう。
(2016年)

The Accidental Genius
ワーナー・ブラザーズとTeam Downey製作。
脚本はAdam Gibgot
驚異的な知能の男が昏睡状態から覚めると、奇妙なビジョンを見始め、世界の謎を解く旅に出かけるという話。
(2011年)

The Entire History of You
ワーナー・ブラザーズとTeam Downey製作で、チャンネル4の”Black Mirror”の”The Entire History of You”の映画化。
脚本はジェシー・アームストロング。


(2013年)

Untitled Presidential Debate Project
製作:Team Downey(RDJ &スーザン・ダウニー)
脚本はビル・ドゥビューク(「ジャッジ 裁かれる判事」)

Untitled Showtime/Robert Downey Jr. Project
製作総指揮:Team Downey(RDJ &スーザン・ダウニー)
脚本はゲイリー・レノン。
1980年代のベニスビーチにあった薬物のリハビリ施設を描いたテレビド ラマになる予定。

Untitled Theater Camp Project
製作:Team Downey(RDJ &スーザン・ダウニー)
ミュージカル映画か?

Untitled USS Indianapolis/Hunter Scott Project
ワーナー・ブラザーズとTeam Downey製作。
監督:テイト・テイラー(「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」)
脚本:マイク・ジョーンズ

インディアナポリス(USS Indianapolis, CA-35) は、1945/7/26にテニアン島へ原子爆弾の部品を運んだ後、7/30にフィリピン海で日本の潜水艦伊58の雷撃により沈没した。第二次世界大戦で敵の攻撃により沈没した最後のアメリカ海軍水上艦艇。5日間にわたって海を漂流した乗組員たちの実話を描く。

ニコラス・ケイジ主演の同名映画が先に製作されたので、果たしてどうなることか…。
(2015年)

Yucatan
1960年代、スティーブ・マックイーンが自らの主演作として立ち上げた企画。自ら1700ページに及ぶプロットを執筆したものの、80年にマックイーンが死去し後に発見された企画。メキシコのユカタン半島を舞台に、眠るマヤ文明の財宝をめぐる冒険物語。
ワーナー・ブラザーズとTeam Downey製作。
PotCのテリー・ロッシオに脚本執筆を依頼。

2014年にRDJがメル・ギブソンと打ち合わせている画像をツイートしています。


ふみ

About

View all posts by

One thought on “映画予定まとめ(2018/3/6更新)

  1. まとめて下さってありがとうございます。
    ありがたく拝読させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です